OFFICE DE YASAI NEWS > 話 題

牛乳で夏バテ防止!?お財布にも優しい夏バテ時にオススメの3食材

暑くなってくると、お子さまの食欲不振や夏バテも心配ですよね?
子供の夏バテは、水分のとり過ぎ、水分不足、栄養不足、寝不足が主な原因です。
ジュースやアイスなどの食べ過ぎで、他の食事が食べられなくなり、栄養不足から夏バテになるケースが多いです。
外で遊ぶ機会が少なくなったり、どこに行ってもエアコンで快適な環境になっているので、子供は汗腺(汗をかく線)が昔に比べて少なくなっています。 汗腺は3~4歳にかけて成長しますので、この時期に汗をかくような習慣がないと汗腺の成長が見込めません。 汗や尿として水分を排出することで体温調節をしますので、こまめな水分補給や汗をかく習慣をつけること、そして規則正しい生活が一番の予防対策です。

3180b80990c31080bdf2d026b1cf3121 出典: 写真AC


1.牛乳
食事量は少なくなるけど飲み物は欲しがると思うので、ジュースやスポーツドリンクでも良いですが、牛乳を飲ませてあげてください。
牛乳に含まれるアルブミンには、水を血液中に集める効果があり、発汗機能もアップさせるので熱中症予防に効果的です。
体温調節機能が正常に働かなくなるのが熱中症です。牛乳には汗をかきやすし、体内の熱を外に放出する効果がありますので大人にも効果的です。
またトリプトファンというアミノ酸が含まれており、実はこのトリプトファンは体内でセロトニンという化合物に変わり神経を鎮める作用があります。
古くから眠れない夜には牛乳という言い伝えは、このトリプトファンの精神安定作用のことかもしれませんね。
トリプトファンは体内で作られないので乳製品から摂取する必要があります。
暑くて眠れない夜には、さわやかな牛乳がオススメです。

牛乳が苦手という方にはヨーグルトやチーズでも効果はありますが、最も吸収率がよく手っ取り早いのが牛乳。
運動後、30分以内に200mlくらい摂取すると効果的です。お子様なら1日に200ml~400mlが望ましいでしょう。

fc41ee9b885af20f5c6a25cd8b2ccf58_s 出典: 写真AC


2.スイカ
熱中症を防ぐためには水分補給することが第一ですが、スイカは水分が90%以上と非常に豊富。
さらに糖分やカリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルも含まれているので、微量の食塩を加えるとスポーツドリンクと同じような効果が期待できます。
また、血流状態を改善してくれるシトルリンというアミノ酸が含まれているため、手足のむくみの改善効果が期待できます。
新陳代謝を促し、肌の健康を保つビタミンAや、美肌・老化の大敵、活性酸素を除去する力の強いリコピンなども大変豊富。加えてビタミンCは、シミの元になるメラニン色素の形成を押さえるほか、肌の弾力性を保つコラーゲンの形成に関与しているため美白効果やシワの予防効果も見込まれますので、夏のオヤツタイムには親子で食べたいですね。
しかもカロリーが100gあたり37Kcal!
一番甘く美味しい真ん中あたりを1切れでも50kcalくらいなのでダイエットにも最適です。

7bafd0941e2bdb075c52644674df6754_s 出典: 写真AC


3.豚肉
夏バテに効く食べ物には、うなぎ、レバー、など良いですが、お値段もお子様の嗜好的にもちょっと・・・ という方には豚肉がお勧めです。
実はうなぎよりも、ビタミンB1が多く含まれており、糖代謝UPや疲労予防にも効果的です。
豚肉のビタミンB1含有量は、鶏肉や牛肉の5~10倍もあります。
部位によって多少の違いはありますが、100~150g食べれば1日の所要量を満たすことができます。玉ねぎと一緒に調理すれば、高い疲労回復効果が期待できますし、豚肉の冷しゃぶサラダをポン酢で食べれてば、クエン酸の疲労回復効果で、体にもお財布にもやさしいですね。

62f419b1fb52ab43b8e5e3165205459c_s 出典: 写真AC


なお幼児の場合は、身体に保てる水分の量がとても少なく、また、尿の濃縮能力も未成熟で水分の排出量が高いので、早め早めに水分補給をさせてあげてくださいね。

(文:ざいまり

OFFICE DE YASAIは手軽に食べられるフレッシュな野菜やフルーツをオフィスに届けるサービスです。職場の生産性アップや従業員満足度向上にも繋がる福利厚生サービスで、全国で累計300社以上の企業での導入実績があります。
新鮮でおいしいハンディーな野菜やフルーツを食べられるを環境をオフィスに提供し、働く人々により健康な1日を送ってもらうことを目指しています。
ダイエットや病気の予防にも効果的なヘルシーフード・サービスOFFICE DE YASAIをあなたの職場に導入してみてはいかがでしょうか?

カテゴリ

もっと読む

よく「噛む」と頭も良くなる!?食べない以外も気にしてほしい子供の食育
災害時にも役立つ「節水節電水つけパスタ」
災害時の感染症、食中毒を予防する「乾燥納豆」を非常食に
お年寄りに花粉症が少ないのはなぜ?特別なことはしていないのです
お米は太るはもう古い!おにぎりダイエットは空腹感なし!
手が冷たい人は心が温かい?ウソ?ホント?
OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)が
あなたのオフィスに
ヘルシーフードやドリンクをお届け。
オフィスに冷蔵庫を設置し、
毎週新鮮な野菜やフルーツが届きます。
忙しい朝の朝食のお供に。
小腹が空いた時の間食に。
ちょっとした食生活を見直すこと、
継続して健康的な食品を食べることで、
少しずつ健康に。
もっともっと健康に。
ベンチャー企業から上場企業まで、累計300社以上の導入実績がございます。
導入事例インタビューを見る