• news

◎敬老の日にちなんだ認知症に掛かりにくい食品!

現在は高齢者ばかりではなく、若年認知症が増えていると云われて居ます。
仕事をしないで家にコモるニートが増えているのも原因と云えるようです。


両親が年金を貰う年になっても子供は働かないで、生活一切を親に負んぶさる30代40代の男女が居られるようで、ご両親の嘆きの声が聞こえて来て不思議な気分に成ります。


外との接触がないとか人と話さない事で、脳を使わないため妄想や幻想に陥り現実逃避され知的障害に発展して行く様です。単純に考えて、両親が居なくなったら如何して生活するのだろう、と思うのですが。


高齢者は定年退職して悠々自適になっても、遣りたい事があるのならボケるのは遅いと思います。

基本は脳を活発に働かせることなので、遣りたい事が沢山ある方は幾つになっても精力的に行動していて、ボケの方が逃げて行くような気がします。
そんな両親で居て欲しいと思いますね。


■敬老の日が近いので頑張って居る高齢者の方のために、少しでも脳に刺激を与える食品を調べてみました。
あるサイトに掲載されていた『認知症に効果ある食品』からランダムに紹介します。


オリーブオイル:全体の8割がオイレン酸で、摂り入れる事で脳が活発になるようですし、オリーブの実を絞った、純粋なエクストラバージンオイルは、アルツハイマー認知の原因であるアミロイドβタンパクを減らすようです。


納豆:納豆のレシチンが働きますが、コリンという脳に伝える物質アセチルコリンを作るので、認知予防になるようです。


イワシ・さば・さんま:これらの魚の頭にあるDHA不飽和脂肪酸(血液サラサラ)のEPAが認知予防となるらしい。


カレーインド人は認知症が少なく、アメリカ人の4分の1の割合だそう。
カレースパイスのクルクミンは、アミロイドが固まるかの実験をして、クルクミンが固まるのを大きく抑えて勝利でした。


そして、野菜ジュースがありましたので、野菜スムージーをクローズアップします。


≪野菜ジュース≫


スムージー
出典スムージーbyティーライフ

野菜ジュース:野菜ジュースを週3回以上飲んでる人と、週1の人と比べると70%以上もの人はアルツハイマー認知症に掛かり難いと判明しました。
なら、週7日毎日朝食に飲む方にカナいませんね。


~新鮮な野菜や果物を飲む直前にジューサーミキサーに掛けて、泡が口に付く感じがいかにも美味しそうで爽快です~


◎イケメンが紹介するスムージーで女性を釘付け!

イケスムージー
出典スムージーbyナチュラルヘルシースタンダード

葉野菜は大体が飲み辛いので、最低でも抗酸化作用フルーツで№1バナナを入れると、どんな野菜でも甘みが出て野菜独特の臭みも消えて口当りもまろやかになり、飲み易くなります。


自家製野菜ジュースは野菜其々の自然な色素なので、トマトやニンジンなどの色野菜もフルーツと組み合せて美味しい100%スムージーです。

自分で作ることで何が入ってるのか知って居ますので、色や鮮度は加工された市販との差が付きます。


カルシュウムや免疫力が豊富小松菜は食べても美味しく、バナナ1本入れれば健康的なグリーンスムージーです。


※毎日葉野菜を変えるにしても、実験の結果では白菜は苦みが出て向かないようです。




コチラのサイトを参考にさせて戴きました、有り難う御座いました。


☆参考サイト様:認知症予防に効果有る食品byオノカズブログ ヒトの事がわかるドットコム




◆最後迄拝読いただき有り難う御座います。認知の一歩は”モノ忘れ”から始まるというので、忘れたら困る事はその時々で何かに書き留めて置こうと思います。








(文・tomatoberry)

アーカイブ

さあ、あなたのオフィスにも
OFFICE DE YASAIを

受付時間/平日10:00~19:00

03-6419-7144

無料試食も実施中!