• news

秋です。きのこグラタンパンはいかが?

きのこグラタンパンはいかが?

キノコが美味しい季節になってきましたね!
炊き込みご飯、キノコ鍋、ソテーやお味噌汁…更に乾物(干ししいたけ・きくらげ)も加えると、どんなお料理にも変身するキノコ。ですが、パンとの組み合わせは意外と少なかったかもしれません。今回は、キノコをたっぷり使ったパングラタンのご紹介します。

1

キノコはお好きなものをたっぷり使って頂ければOK。
私はこちらのマッシュルームをメインで使いました。

2

とても、味が濃くて美味しいマッシュルームです。

【材料】
食パン2枚
A{マッシュルーム100g、しめじ100g、まいたけ100g、たまねぎ50g、ベーコン50g}、
小麦粉(大さじ)2.5、バター30g、牛乳1.5カップ、
ピザチーズ・パン粉・塩・胡椒適宜

【作り方】
(1)鍋に分量のバターを熱しAを炒める。しんなりしてきたら火を止めて振るった小麦粉を加える。

3

(2)粉っぽさがなくなれば、牛乳をゆっくりと加えて、ダマが出来ないように混ぜ合わせる。

4

(3)塩・コショウで味をつけ、とろみが出てるまで煮詰める。
(4)耐熱皿に食べやすい大きさにカットした食パンを並べ、(3)を加えて、ピザ用チーズ、パン粉を振りかけて180度のオーブンで15分焼く。

5

キノコの風味がきいて、とても豪華な1品になります。
パンは、硬くなったものでも大丈夫。ホワイトソースが染みてとっても柔らかくなるんです!
フランスパンでも、お野菜が練り込んである生地でも、お好きなものを使って下さいね。
私は生地にたっぷりホワイトソースを染み込ませたかったので、食パンの4枚きり(厚切り!)をしようしました。

6

※キノコ
食物繊維・ミネラル・ビタミンが豊富で、キノコの種類によってもそれぞれ栄養が違います。

【マッシュルーム】
ビタミンB2、カリウム、食物繊維が豊富。うまみ成分であるグルタミン酸も多く含まれます。

【しいたけ】
老化を防ぐグルタミン酸、抗ウイルス性物質β-グルカン、ビタミンDの元になるエスゴステリンを含みます。干しいたけは特に栄養が濃縮されています。

【まいたけ】
βグルカンが他のキノコよりも豊富で、免疫機能を回復・強化させる働きがあります。
βグルカンは腸を綺麗にする効果があるため、大腸がんの予防にも役に立つと言われています。

【選ぶ時のポイント・保存】
キノコは鮮度が大事です。
新鮮なものを選ぶようにし、買ってからすぐに使わない時は冷凍して保存しましょう。

それぞれの栄養を知って、お料理で積極的に取り入れて欲しいと思います!

(文・小泉 真咲子)

アーカイブ

さあ、あなたのオフィスにも
OFFICE DE YASAIを

受付時間/平日10:00~19:00

03-6419-7144

無料試食も実施中!