• ホーム
  • お知らせ
  • 人類最速超人!ボルト選手に続け!世界一速い足になれる野菜⁈
  • news

人類最速超人!ボルト選手に続け!世界一速い足になれる野菜⁈

みなさんこの夏、盛り上がりを見せた世界陸上ご覧になりましたか?

華ある競技の中で注目された男子100メートルは障害物や道具を使う訳ではない肉体のみが勝負とされる競技ですよね。


image class=

ボルト選手が9秒79で2大会連続3度目の優勝を果たしました。ジャスティン・ガトリンは9秒80で2位という結果でした。

「0.01秒差に何の秘密があるのか?」

時速になおすと、約40キロの速さで、秒速では1秒に12メートル移動する恐ろしい速さです。

そして男子400メートルリレー決勝が行われ、ボルト選手がアンカーで、ジャマイカが37秒36で大会4連覇。ボルト選手は100メートル、200メートルに続く今大会3冠で、大会通算最多11個目の金メダルを手にしました。


image

「ボルト選手だけでなく、ジャマイカ選手全員が速い…」

その理由は何かあるの?

努力の他に…もしかしたらジャマイカに何かがあるかもしれません。ジャマイカ人の遺伝子、選手育成システム環境、そして何と言っても食糧にも特徴があります。ヤム芋、ココナッツ、バナナ、マンゴーなど。ボルト選手の父親がボルトは普段からヤム芋を食べていると…
ヤム芋?


image

滋養強壮作用があるとされるヤム芋の成分のひとつに、脂肪の代謝を良くして運動機能を高める効果があるとする研究結果を、大津市の医薬品企業タカラバイオが発表しました。同社は、沖縄産のヤム芋をエサに混ぜてマウスにあたえ水泳運動をさせたところ、2ヶ月後には泳いでいられる時間が普通のマウスに比較して1~2割程度長くなり、は体脂肪量も減ったとのこと、肝臓を調べると、脂肪を燃やしてエネルギーに変える酵素をつくる遺伝子の活性が高まっていたそうです。

ー引用タカラバイオ

また、脂肪を燃焼させてエネルギに変換するには酵素の働きが重要ですが、ヤム芋をあたえたマウスの肝臓細胞を抽出して検査してみたところ、この酵素を作り出すDNAの活動が活発になっていたそうです。この会社の広報担当は「ボルト選手の超人的な速さとパワーの秘密に、ヤム芋が関与していることも十分に考えられるのでは」と話しているようです。


image

ヤム芋はジャマイカで主流ですが、日本では手に入りません。でも、ヤム芋と同じような効果があり一番身近でスーパーで手に入るものが山芋です!いわゆる 自然薯、とろろと呼ばれているものです。

《効果機能》
・酵素が腸粘膜の機能を高める
・食べ物の消化と腸の栄養吸収を助ける
・タンパク質の吸収を向上させ、疲労回復を促進する

以上スタミナアップにはかかせない効果が盛り沢山です。


image

ー出典 東京農業大学

足が速くなるだけではなく、企業戦士にも必要な疲労回復を助けてくれる山芋。本日の夕飯は栄養ドリンクよりも、摩り下ろしてご飯に掛けた「とろろいも」に決まりですね。最後まで読んでいただきありがとうございました。

(文・中瀬由香)

アーカイブ

さあ、あなたのオフィスにも
OFFICE DE YASAIを

受付時間/平日10:00~19:00

03-6419-7144

無料試食も実施中!