• ホーム
  • お知らせ
  • 医者が実践する・ガンを寄せ付けない最強『野菜ジュース』
  • news

医者が実践する・ガンを寄せ付けない最強『野菜ジュース』

絶対に掛かりたくない病気にガンが有ります。体のどこの場所にも細胞は存在するので、無理をする事でガン細胞が発生する気がします。


ポリープなどが出来やすい体質の人には、遺伝的な要素が有ると云われます。


かといって、親が掛かったから子も掛かるとは云い切れず、ガンの場合は必ず原因があるようで、生活習慣の中に潜んでいる気がします。


日光に当たり過ぎに依る皮膚ガンや、のどを火傷した事による食道ガン、たばこの煙を吸い込み過ぎによる肺ガン、アルコールの過剰摂取による肝臓ガン、「病は気から」のような漠然としているようで、強いストレスに負けての胃ガンなど。


気を付ければ掛かり難い原因が明白に出ている場合が多い感じもします。


どうしてかかったか分からないのは、お医者様に聞かされる迄、悪いとは思ってなかったという場合も有ります。


ココでは、日経新聞のニュースより仕入れた、外科の権威である西台クリニック院長・済陽高穂氏の実践している「野菜ジュース」を検証しました。


済陽氏は5000人にも上るガン患者を治療、手術も約2000例に関わって来ました。


そして、日本人の3人に1人はガンで亡くなると云う。
生活習慣病であるガンを予防するには、食生活を改善し代謝と免疫力を高めることが重要です”と済陽氏は云っています。


代謝異常により細胞がガン化し免疫力の低下によって増殖する病気だという。


また、ガンの成長を抑制する食品と逆に促す食品が存在するとの事。


ガン細胞を発生させ成長させてしまう食品


『塩分・牛・豚・羊などの4本足の動物』


これらの動物性たんぱくや動物性脂肪の摂り過ぎが、ガンと明確な因果関係にあるという。
また、ガン抑制する食品は、『野菜や果物』にかぎるようです。


「野菜と果物」に沢山含まれるカリウムやポリフェノールは、活性酸素を抑え体外に毒を出し細胞を強化して「ガンを寄せ付けない体を作る」のだそうです。


それでは、『ガン予防食品のピラミッド』『済陽家の朝ごはん』『野菜ジュースの組み合わせと作り方』を画像で紹介します。


『ガン予防食品のピラミッド』


ガン予防食品ピラミッド




ピラミッドは上に行くに従って重要度が高いようで、ニンニク・キャベツ・大豆・ショウガ・ニンジン・セロリは、「ガンに打ち勝つ」為には必要不可欠な野菜のようです。


『済陽家の朝ごはん』


済陽家の朝ごはん




済陽家の朝ごはんは、一般家庭の夕ご飯並の豪華さで、必ずしも真似は出来ないですがルールとしてお伝えします。


・塩分を控える

・肉より魚

・ご飯は白米より雑穀米


・貝類や海藻類も食べる様にする

・ヨーグルトや消化のよいお漬物などの発酵食

これらを意識して常食したいです。


『野菜ジュースの組み合わせと作り方』


野菜ジュの組合せ




『野菜ジュース』の組み合わせと作り方です。
基本の組み合わせは


レモン必須+旬の野菜ですが迷ったら免疫力もβカロテンも豊富なニンジン+旬の果物かいつもある果物』、これら3種類で作る。


また、基本のグリーンジュース
レモン+小松菜とキャベツ+リンゴ好みでハチミツ』だそう。


リンゴはよく洗って、一晩水につけたらタワシでゴシゴシ洗って芯を取り、皮ごと使う


●野菜や果物はカットし、レモンは絞った果汁を入れる。


食事の方は揃わなくとも、野菜ジュースは3種類で良いので、毎朝飲むのを習慣にするのが良いようです。


参考サイト様「野菜ジュース」でがんに負けない体をつくる西台クリニック院長の済陽高穂氏by日経新聞






□最後までご覧戴き有り難う御座います。野菜ジュースを25年モノ間実践しているお医者様の言葉は、力強く胸に響きます。
●偶然でも情報を知らせて戴いた日経新聞様と、院長済陽高穂様に感謝申し上げます。








(文・tomatoberry)

アーカイブ

さあ、あなたのオフィスにも
OFFICE DE YASAIを

受付時間/平日10:00~19:00

03-6419-7144

無料試食も実施中!