• news

活性酸素を退治する抗酸化作用食品ランキング

生活習慣病に直結した問題の活性酸素が出現すると、ジワジワと病気に向かって行きます。
闇雲に野菜やフルーツを食べているだけでは心もとないので、ハッキリと数字で知りたく成りランキングで調べてみました。


中々タイトルに沿ったモノが出無かったのですが、シブトク頑張った粘り勝ちです。
画像から探したので分かり易かったですね。


海外はアメリカ農水省と老化研究所で調べたので、少し数値が分かりづらいですが、全て100g中なのでスッキリしました。


そして、最初に載って居るのが、サジー果実ジュースです。1番抗酸化力が高い事を示したかったようです。


ORAC法(米国法)で測定したそうで、既にジュースになっているのが何個分の量を入れて水分の100gになっているか分からないのですが、多いのは確かなようです。


その他のフルーツや野菜10位迄を検証して行きます。


他のサイトではバナナやナッツ類が上位に有りましたが、それらも抗酸化物質が含有されていると思います。でも、数値で示して無かったので、1位がどうか確認できないと云う理由で止めました。


『抗酸化作用食品ランキング』


抗酸化作用食品ランキング


数値の順位で行くと


第1位サジー7,362 ORAC


第2位ブルーベリー6,520 ORAC


『ブルーベリー』


ブルーベリー


第3位イチゴ3,541 ORAC


『イチゴ』


いちご


第4位リンゴ2,568 ORAC


『リンゴ』


むつリンゴ


第5位オレンジ1,785 ORAC


第6位ホーレン草1,512 ORAC


第7位プロッコリー1,352 ORAC


第8位マンゴー988ORAC


第9位ニンジン663 ORAC


第10位キャベツ508 ORAC


第11位トマト366 ORAC





出典果実と野菜の抗酸化力byシンプル・ナチュラルな暮らし



ブルーベリーが高い数値だったのには驚きでしたが、 ほかのベリー類にも抗酸化物質が入っていると、何処かにも書かれて居ましたね。



ブルーベリーと云えば、目に良いアントシアニンが豊富に含有されていますし、心臓にも良いとされています。


生活習慣病で効果が出るのなら、全ての病気に効果あると云う事になり、薬効フルーツの王様として急に輝いて見えて来ます。


トーストに粒入りのジャムを食べて居ますが、これからはもっと積極的に食べようと思います。イチゴはベリー類の仲間なので当然の数値です。


リンゴやオレンジも高く、普段スーパーで何方でも購入できるので、良かったです。


数値順で行くと、第6位に野菜のホーレン草が入り、鉄分だけで無かった事も改めて感動します。
そして、温野菜のブロッコリーが第7位なのも嬉しいですね。


ニンジンやトマトが9位11位とは、少し残念な結果でも有りました。


キャベツは第10位ですが、よく食べるのでベストテンにノミネートされていて、胸を撫で下ろしました。






◆最後迄ご覧戴き有り難う御座いました。リンゴやオレンジ(みかん)は特に冬みかんは大好きですし、ガン予防に1日2個食べましょうとラベルに記載されているので、今年の冬も頑張って食べようと思います。








(文・tomatoberry)

アーカイブ

さあ、あなたのオフィスにも
OFFICE DE YASAIを

受付時間/平日10:00~19:00

03-6419-7144

無料試食も実施中!