• news

野菜トリビアって?!

何と無く新しい分野に挑戦してみようかと、カテゴリたちを見つめていたら、トリビアと云う4文字を見付けました。何だったかな?と思いチラッと調べると雑学でした。


ナンセンスなどうでもいい事を、面白おかしくもっともらしく話にしている。
とでも云いますか、ウソではない暇つぶしのネタとでも云う事の様です。


そう云えば昔テレビで「トレビの泉」と云う番組を遣って居ましたね。何であんなに続いたのか不思議ですが、伊集院光さんが常に出演していて、何でも知って居たのを思い出します。


それからは「雑学王」と云うクイズ番組やって居て、ほかにも芸人さんや俳優さんも出演していましたが、何で分かるのかと思う程伊集院さんが当てていて、感心しました。コチラは考えないで良い方なので楽しかったです。


検索で調べましたら、ほかのピンと来ない感じのは楽しく無かったのですが、一つ見付けた海外も関わっているトリビアは、バカバカしいけど面白いと思えましたので紹介する事にしました。


新潮選書から出ている、「大場秀章著」の

『サラダ野菜の植物史』でした。


サラダ野菜の植物史


この人は、本のタイトルにトリビアとは入れて無いのに、どうしてと思いましたが、取り上げたコチラのサイトさまは「サラダ野菜のトリビア」として判断し採用したようです。


なので、感想も入れながら頭を柔らかくして見て下さい。
最初はこれです。


『もっとも日本ではサラダにも利用されるゴボウは、ヨーロッパでもアメリカでもほとんど食べられることがない。


それどころか、牧場などでは一度はびこると退治に困る厄介者として、大いなる嫌われ者の雑草とされているといったほうがよい』


と云うトリビアです。


ゴボウが主役で、日本では繊維が多い根菜類として重宝されています。
味噌汁に入れても香りがよいし、五目御飯に入れると入れないとでは格段美味しさに差が出ます。


沢山食べると、お腹が張るので程ほどにとは思いますが、それだけ腸に影響をもたらす素晴らしい野菜です。


嫌われ者の雑草とは淋しいですが、一度料理に入れて食べて頂きたいと思いましたね。


もう一つは

『ルイ16世は、王妃マリー・アントワネットに夜会でジャガイモの花を身につけさせたり、栽培を普及させるために、畑にわざと「王侯貴族が食べる非常に美味で滋養に富むものなので、盗んだものは厳罰に処す」


といった看板を立てて農民の興味を引き、夜は見張りを解いて盗みやすいようにしたというエピソードも伝わっている』



じゃがいも


売る為の心理作戦だと分かりますが、こう云う事が上手く行けば設けモノという感覚で、これは楽しい雑学ネタですよね。


出典サラダ野菜の植物史byNATOROMの日記


確かに、ジャガイモの花は可憐な白い花ですし、実はポテトサラダや煮物・カレーにも美味しいので、無償に食べたくなります。






□最後までご覧頂き有り難う御座います。海外と日本の野菜食事情の違いも分かって面白いですし、大場秀章著 の「サラダ野菜の植物史」をもっと読んでみたいですね。


また野菜トリビアを紹介出来たらと思っています。








(文・tomatoberry)

アーカイブ

さあ、あなたのオフィスにも
OFFICE DE YASAIを

受付時間/平日10:00~19:00

03-6419-7144

無料試食も実施中!