• news

驚・美肌に効果を示す野菜がこんなに有るの?

夏の日差しの暑さに、シミ・ソバカスへの防御のために塗り過ぎで、肌が呼吸困難になってしまい、身体全体まで影響を受けてしまって居ます。


毎日、化粧水で冷やし最悪の結果を阻止するのに懸命ですが、気候が落ち着いた頃、手入れをしていたのにも拘わらず、気がつかない内に赤から黒に変化したりして真っ青になります。


一度成ると回復は簡単では有りません。食品で治すのも簡単では有りませんが、トラブルがある場合は何でも使えないので、出来るだけ化粧をせずに肌を休めて上げたいモノです。


そこで、薬ほどの効果はなくとも内側から徐々に健康的に摂取できる野菜たちで肌をイタわってあげましょう。
この頃は、野菜全ての効能を知るに連れ、どれも身体に良い効果があるのを知って選ぶのが困難になります。


自分で効能を見ながら1種類ずつチェックして行くと、自ずから選ぶものが見えて来ます。



ポピュラーな野菜36種類の効能から、美肌効果のある野菜を調べピックアップしてみました。


◆アスパラガス・かぼちゃ・きゅうり・春菊・ししとうがらし・ニンジン・小松菜・ナッツ類(ピーナッツ・マカデミアナッツ・松の実)約10種類も有りました。


全て肌に何らかの効果をみせていますし、ナッツを除く野菜ではビタミンAが全て関わっているのが分かります。
それでは、肌に役立つ効能を説明して行きます。何種類かの野菜画像も載せます。


≪美肌効果のある野菜たち≫


[アスパラガス]


アスパラ



アスパラガス:ビタミン群がAからEまで沢山含まれていますが、ビタミンAが肌を整えてくれる働きがあり、美肌効果はもちろん風邪や疲労回復にも嬉しい働きをしています。


[かぼちゃ]

かぼちゃ

かぼちゃ:ビタミンB2では爪や肌質の改善が見込まれます。


[きゅうり]


きゅうり


きゅうり肌のむくみや火傷にスライスしたきゅうりを乗せて冷やすと回復してきます。
また、大根おろしのようにすり下し絞った汁を、脂肪肌の化粧水代わりに使用するのも良いようです。


[春菊]



春菊


春菊:カロティンが豊富で皮膚や粘膜を強化する働きがあります。


ししとうがらし:コチラもカロティンが多く、肌質や粘膜に効果を与えてくれます。


[ニンジン]

ニンジン


ニンジン:ビタミンAがもっとも多いので、肌を改善する美肌効果はダントツと云えますし、アンチエイジングの老化防止にも効果を示しています。


小松菜:カルシュウムがダントツで、風邪や粘膜強化もあり肌トラブルや美肌に効果が有ります。


≪ナッツ類≫



ナッツ類

ピーナッツ:ビタミンB6が女性ホルモンのバランスを良くし、抗酸化作用の働きを見せています。
マカデミアナッツアカデミアナッツオイルを塗る事により肌の潤いを提供します。
松の実:肌荒れの改善に効果あります。


ナッツは脂肪が多いので、食べ過ぎるのはよくないと謳ってる所もあるので、全て肌に効き目があるかと思いましたがそうでは無いようです。






☐最後まで有り難う御座いました。女性と生れたからには、いつまでも若々しく美しい肌で居る事が永遠のテーマです。ハツラツと元気に生きられる毎日で有りたいと、他人ごとでなく思います。
この記事が少しでも皆さんの美肌への参考になればと思います。








(文・tomatoberry)

アーカイブ

さあ、あなたのオフィスにも
OFFICE DE YASAIを

受付時間/平日10:00~19:00

03-6419-7144

無料試食も実施中!